【ご利用者の声】全体的なフィット感があり、食べるのに不安を感じない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご利用者の声】全体的なフィット感があり、食べるのに不安を感じない

ご利用者様:神奈川歯科大学 歯科医師 吉野先生

 

金属のバネのない入れ歯を使用していたけど…

コンフォートにする前は、歯を抜いた状態で、クラスプ(金属のバネ)のない入れ歯を使用していました。柔らかい食べものは問題ないですが、固いものを食べると痛みがあり、左右均一に力をかけて噛めないことが不満でした。 コンフォート自体は以前から知っていたので、正直1度試してみたいと思っていました。

 

歯科医師としても入れ歯を第一選択肢として治療

元々、歯科医師になったばかりの頃は、「入れ歯=高齢者が使う」というイメージで、年齢的にまだ若い方が、1本歯がないなどの場合には、審美的なことも考えてブリッジがいいかなとか思っていたのですが、実際ブリッジを自分で治療するようになっていくと、治療の予後、ブラッシングやアフターケアなどの面で、医師としても患者さんとしても大変なことが多いので、第一選択肢として、まずは入れ歯で治療を進めることが今は良いと思っています。それが上手くいかない場合に、次の選択肢として、ブリッジ、インプラントといった選択が良いと感じます。 治療内容としても、インプラントと比べて手術などの医療行為がないので、患者さんも苦痛を伴うことなく作れるのは1番大きなメリットだと思います。

 

自分の歯で噛んでいる感触に近い

実際にコンフォートを使用してみて思うことは、材質的にプラスチックの部分があるので、勿論入れ歯で噛んでいる感覚はあるのですが、それがなければ自分の歯で噛んでいる感触に近いですね。 今までノンクラスプ(金属のバネがない)の部分入れ歯を使用していたのですが、コンフォートの方が、全体的なフィット感があり、食べるのに不安を感じないですね。つけ心地が非常に良いです。ものを食べたり話していても口の中で動く感じが全くないし、噛んだ時の左右の支えている歯への影響も、柔らかい感じがします。

 

人と話をする機会が多いので話しやすい

神奈川歯科大学 歯科医師 吉野先生

歯科医師としても大学の教師としても、人と話をする機会が多いので、以前使用していた入れ歯が滑舌が悪く話しづらいことに不満があったのですが、これはそんなことがなく話しやすいです。 歯を削るということに抵抗がある方が多いので、コンフォートですと、歯はほとんど削る必要がありませんし、お口の形を採ってすぐ出来上がるので、治療回数も短期間で済むので、あまり歯科医院に何度も通院できない人にとっても非常に良いと思います。